シールを簡単にきれいにはがす方法!ベタベタもキレイにとれる!

シェアする

シールってなかなかキレイにはがれないものってありますよね。

爪でちょっとやって剥がれればいいんですけど、途中で残ったりすると

面倒ですよね。はがれそうもないシールの時は、最初から裏技を使って

剥がした方が、あとあと楽です。ブックオフの値札シールも結構頑固ですね。

残ったベタベタもキレイにとれる方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

まずはシールはがしの王道を見ていきましょう

ドライヤー

シールはがしの王道はドライヤーです。

Hans / Pixabay

あまり近づけすぎないで20センチぐらい離したほうがいいです。これは、お子さんが貼ってしまった壁や家具のシールはがしに適していますね。

シールは熱を加えると剥がれる性質があることを利用したものです。

お湯

瓶やコップなどのシールはお湯につけるだけで、簡単にはがれます。これも王道です。

お酢

cooking_osu2
お酢の酸がシールをはがす作用があります。お酢をティッシュなどに浸してシールを湿らせてしばらくおきます。

ハンドクリーム

シールの上からハンドクリームを塗りこんで、しばらく待てばはがれます。

ビニールなどのシールの場合は、とりあえずビニールだけはがして

ベタベタの部分をハンドクリームで落とします。

ラップなどで、覆うとさらにはがれやすいです。

クレ556

 

これは、ほとんどの家庭にありますよね。自転車に使ったり

ドアにシュッとやったりしますよね。

このオイルがシールをはがす力があるんです。

オイルなので、ジッポオイルなんかでも同じような効果です。

ジッポオイルがある家庭は少ないでしょうね。

オイルなのでプラスチックや、本などは使用しないほうが

いいと思います。

はがしのこしのベタベタは、これが落ちやすいです。

消しゴム

シールの剥がしのこしを消しゴムでこすっても落ちます。

食器用洗剤

senzai_syokki
シールの上からティッシュなどに浸して塗り、ラップで覆うなどして

しばらく待つとはがれます。

はがれたらタオルやティッシュでよく拭いておきましょう。

シールはがし専用品を使う

最初からこれを使ったほうがいいかもしれませんが、

わざわざ買うほどでもない方には、必要ありませんね。

 

 

 

 

結構シールはがしの専用品があるんですね。

それだけ、シールはがしで困ってる方がいるんですね。

まとめ

結構いろんなシールはがしがありますが

貼ってある場所によって使い分けてくださいね。

お子さんがシールを貼ってしまうのは、しょうがないので

許してあげてください。大きくなったら、剥がせばいいので

いい思い出として、しばらくは貼ったままでもいいですよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする