お盆のお墓参りはいつ行けばいいのか?

シェアする

お盆にお墓参りをするのは、日本人なら当たり前に

なっていますが、そもそもなぜお盆にお墓参りを

するようになったのか?そして、いつ行くのがいいのか?

この辺を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

お盆とはどういうことなのか?

お盆とは、先祖や亡くなった方があの世から戻ってくる日です。

今の自分があるのはご先祖様のおかげです。という思いで

先祖や亡くなった方が苦しむことなく、成仏していただくように、

子孫が、報恩の供養をする期間の事をお盆というようです。

お盆の期間はいつなのか?

お盆の期間
8月13日から16日の4日間

旧暦では7月13日から16日だったようです。

地方によっては7月13日から16日の4日間のところもあるようです。

お盆のスケジュール
8月13日「盆の入り」夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎える。
14日、15日に法要や供養の儀式を行う。
16日 送り火を焚き先祖をお見送りする。

お盆のお墓参りはいつがいいのか?

お盆のお墓参りは、「盆の入り」の13日がいいようです。

先祖が帰ってきた最初の日にお墓参りに行くのが

一般的のようです。

できれば、16日の先祖が帰る日にも行ければいいと思います。

お墓参りで注意すること

  • 墓石にお酒をかけない(先祖が好きだったからとかける方もいますが、墓石をいためるようです。)
  • 食べ物をお供えしたら持ち帰る(食べ物をお供えしてそのまま帰るとカラスなどに荒らされるので持ち帰りましょう。)
  • 墓石の掃除は柔らかいスポンジに水をつけて優しく洗いましょう(硬いたわしなどでゴシゴシ洗うのは傷がつくので良くないようです。)
  • 線香の火を口で消すのは良くない。

線香のつけ方について

線香をつけるときに、新聞紙を燃やしたりして

つける時に風が強かったり、暑かったりと大変な思いをした経験は

ありませんか?

以外と使ってる人は少ないようですが、アマゾンで便利なものが

あります。

このローソクで線香をつけると、簡単です。

火が消えないので、苦労することなくつけられます。

値段もお手頃ですね。

さらに便利なものもありますが、ちょっと高価ですね。

新盆、初盆とは?

新盆、初盆は故人が亡くなってから、四十九日を過ぎたその翌年に迎えるお盆のことです。

新盆、初盆では僧侶を読んでお経をあげてもらったり

近い人や親戚などを読んで、法要を行うこともあります。

キュウリやナスを飾る「精霊馬」とは?

seirei

これは、お盆になると飾る「精霊馬」というものです。

なぜ飾るのかというと意味がありまして、

ご先祖様が乗る乗り物になっているようです。

キュウリ:馬

意味:「足の速い馬に乗って少しでも早く先祖がこちらへ来れるように」

ナス:牛

意味:「景色を眺めながらゆっくりとあちらに戻れるように」

というような意味があるようです。

キュウリやナスを使ったのは、夏の旬の野菜だからです。

まとめ

日本の古くからの伝統ですので、守っていきたいものですね。

ほとんどの会社では、お盆休みがあるのでなるべく

お墓参りには行くようにしましょう。

その時、ご先祖様に手を合わせて

「いつもお守りいただきありがとうございます」と

心の中で伝えましょう。

今、健康でいられるのはご先祖様のおかげということを

忘れないでください。

感謝の気持ちを伝えると、今後もご先祖様が守ってくれる

ことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする