魚から学ぶ、さかなくんから学ぶ。

シェアする

魚食べてますか?

好き嫌いもあるでしょうが、体にいいので

なるべく食べましょうね。

さて、何気なく食べている魚ですが

何種類ぐらいいるんでしょうか?

魚はうまけりゃそんなのどーでもいいよとか

言わないでくださいね。

世界では約28000種の魚がいるようです。

日本近海でも4400種ぐらいいるようです。

日本人が食べている魚の種類は

輸入も合わせると約250種類ぐらいあるようです。

結構ありますね。

魚って毎年新しいのが発見されたりするので

増えたりまたは絶滅したりで減ったりするようですね。

でも、フグのようなものを初めて見つけても

最初に食べて人は、死んじゃうんですね。

そういう犠牲のもとにフグとか食べられるので

ありがたいです。

さて、今日は魚の数の話じゃなくて

さかなくんの話です。

さかなくんは誰でも知ってますね。

今では、東京海洋大学客員准教授に就任していますね。

テレビ東京のさかな通選手権で、5連覇してから

さかなくんとして、いろいろなテレビに出て

人気ものになりまして。

もともとは、小学生の時に友達の書いた

「タコ」の絵に興味を持ち「タコ」を

調べているうちに、他の魚にも興味を持ったようですね。

また、小さい頃か絵を描くのも好きで

魚の絵も上手ですね。

さて、今日のテーマの魚ですが、

魚を食べる時に、たまに思うことがあるんです。

さかなくんって、子供の頃から魚が好きだっただけで

とにかく調べまくって、詳しくなって

それを発信していたら、気付いたら

大学の准教授にまでなってしまう。

好きなことを徹底的にやって続けていて

価値を伝えていけば、それが仕事になり

収入もかなりもらえるようになるんですね。

さかなくんの年収は、准教授の平均が800万ぐらいだそうで

その他のテレビや講演会なんかで、1500万ぐらいは

あるんでしょうね。

ここで、感じるのは好きなことをやって

仕事になったとしても、収入が少なかったら

ダメですよね。

好きなことやっていて幸せですって言って

年収100万ですでは、生活がやっとです。

家族がいたら、バイトするようですね。

好きなことを続ける場合は、マネタイズが

できないとやる価値はないと思いますよ。

自分が好きなことを伝えるのも

どうやって価値を伝えられるのか、

どうやったら喜んでもらえるのか、

どう伝えたら面白いのか、

そんなことも考えないといけません。

さかなくんは考えてないようで

結構その辺は考えてると思いますよ。

「ギョギョギョっ」てのも考えたんじゃないかな。

ネタかもしれないね。

でも言いたいのは、好きなことを

とことんやるって、価値が伝えられれば

仕事になって、楽しくてお金も稼げるという

とっても幸せな人生になるんですね。

お金が稼げるけど、仕事が全くつまらない人は

不幸だと思います。

だって、人生で仕事に使う人生がほとんどでしょう。

その仕事がつまらないということは、人生の

ほとんどがつまらないんだから

かわいそうです。

そんなことに、気付いたら

今からでも遅くないので、好きなことで

仕事にならないかを考えるべきです。

もしかしたら、できるかも。

人によっては、そうなるかもしれませんね。

いくつになっても可能性を探してみましょう。

オヤジになってもまだまだできることは

ありますよ。

諦めなければね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク