島田紳助が教える成功の掛け算とは?

シェアする

今では全くテレビに出なくなった、島田紳助さんですが

紳竜の研究」と言う吉本興業の若手芸人に話した

講義のDVDが今なお人気があるようです。

ユーチューブでも観れるので、とりあえずは

ユーチューブでみてください。

この話の中で「成功の掛け算」の話が

あって僕はこの話がとっても好きです。

なんか、すごく腑に落ちたんです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

成功の掛け算とは

成功するには、

「才能」と「努力」が

必要です。

「才能」が5点満点で

「努力」が5点満点で

掛け合わせるわけです。

すると、最高が25点になります。

25点になった人は、どんな世界でも

成功できます。

プロ野球選手でも芸人でも商売やってる人でもです。

しかし、「才能」っていわゆるセンスとか持って生まれた

ものもありますよね。

なので、1とか2でもしょうがないけど

努力をかければ5とか10になります。

才能が5あるのに努力が0だったら

かけると0になるので、成功できません。

しかし、才能が2の人が常に5の努力を

していればいつも10になるので

いつかうまくいく時があるんです。

さらに言えば、プロ野球選手の才能が2の人が

うどん屋の才能は4あったとします。

プロ野球でも努力を5やっていたら

うどん屋でも5の努力ができるんです。

すると、うどん屋では20になるので

うまくいくんです。

(元巨人の条辺さんの話です。)

努力を5できる人っていうのは

別な仕事に行っても努力ができるので

必ずどっかで成功できるんです。

努力が0の人は何をやっても

うまくはいきません。

たまたま、運が良く一時は成功したとしても

必ず、転落人生が待っています。

大会社の御曹司で転落人生を歩んでる人は

たくさんいますね。

いつでも、努力を5できる心を

持って生きていると、必ず成功できるということです。

そして、島田紳助の話では努力のやり方にも

問題があってただ素振りをしても

結果は出ないということです。

ただバットを振るんではなく

一回ごとに、打席に入ったイメージをして

ランナーがどこにいて、ピッチャーは

次にどんな球を投げてくるのかを

予測してカーブの時の素振りと

高めの球の時の素振りと

一回一回真剣に考えながら

やるのが努力だと言っていたのは

元阪神の掛布雅之さんだそうです。

どんな仕事でも、ただ努力をしたからいいという

訳じゃないんですね。

努力も考えながら、どうすればうまくいくのかを

一生懸命研究して、自分なりの答えを

見つけていくもんなんですね。

僕がこの話がとっても腑に落ちたのは

僕もまだまだ成功の人生とは言えないので

諦めなければ、努力が身を結ぶと

信じれるからです。

もう親父だから、努力したって無理だろうとか

思ったらつまんないですよね。

まだまだ諦めないで、頑張っていこうって

気になれます。

島田紳助のトークって、改めて見ると

素晴らしいなって思いますね。

テレビに出なくなってから、気づくもんなんですね。

いつもテレビに出ていると当たり前になってました。

テレビに出続けて司会をやっている人って

すごい人なんだなーって感じた瞬間でもあります。

紳竜の研究」はユーチューブでも観れるのでこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする