ブログをやるときの二つのタイプ

シェアする

ブログをやるときには、大まかに分けて二つのタイプがあると思います。

ひとつめは、自分のことや日常のことなどを書く

・ブロガータイプ

もう一つは、ひとつのテーマだけを書いていく

・専門ブログ

ブロガータイプはその人の魅力がないと アクセスが来ませんね。

書いてある内容は、日常の色々なことなので 調べたいことでアクセスするよりは

その人の魅力でアクセスする形ですね。

芸能人や有名人なら人気があれば どんな記事でもアクセスはきますよね。

アメブロを書いている芸能人で どうでもいいような、

内容でも アクセスがすごい人がいますね。

markusspiske / Pixabay

専門ブログでは、ひとつのテーマに絞って

詳しく書いてあるので、何かを調べたい人が

アクセスしてきます。

そして分かりやすく解説していると

どんどんシェアされてアクセスも増えますね。

どちらのブログにするのかは、ブログをやる人の

性格によると思います。

自分をさらけ出して、他人に見てもらいたい人は

ブロガータイプですね。

専門ブログタイプの人は、何か詳しいことがあって

それを伝えるのが上手な人ですね。

二つを一緒にすると、さらにアクセスが

増えるでしょうね。

何かひとつの専門的な詳しいことを

書いているけど、自分もさらけ出して

たまに日常のあったことなども書いていくタイプですね。

このタイプは記事の内容が面白いと

どんどんアクセスが集まりますね。

アクセスを集めることが目的のようですが

まずは、自分が楽しむことですね。

楽しむには、何を書いたらいいのかで

悩んでいたら楽しくないですもんね。

最初のうちは、あまり気にしないで

書きたいことを書けばいいんじゃないかな。

そんなことを書きながら、自分に言ってます。

Unsplash / Pixabay

面白い記事って、どういうのかっていうと

自分が人のブログを読んでいて

面白いと思ったものを、最初はパクッちゃいましょう。

パクるって言っても、コピペじゃないよ。

真似するんですね。

TPP三段活用です。

TPP  徹底的にパクる

TKP  ちょっと変えてパクる

OKP  思いっきり変えてパクる

これは、下川浩二さんが本で書いてることです。

昔の、守破離ですね。

最初は、面白いブログを見つけて

それを真似して、自分の言葉で書けばいいんですね。

それを繰り返していれば、できるようになります。

ただ、時間はかかります。

多くの人が挫折します。

半年、一年続けてもほとんどアクセルは

来ませんから。

でも、頑張って続けた人だけが

どーんとアクセルが来るようになるんですね。

どれだけ続けらるかの勝負です。

そして、どれだけ楽しめるかの勝負でもあります。

これも全部自分に言ってます。

さあ、楽しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク