欠点とはあなたにとって、欠かせない点である

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

欠点とはあなたにとって、欠かせない点である

こう言われて、どのように感じるでしょうか?

欠点なんて、ないほうがいいよ。

欠点があるから私はダメなんです。

なんて、感じますかね。

普通の人は、自分の欠点が嫌でしょうがないでしょうね。

でも、だいたいの欠点はあなたが決めていて

周りから見たら、全然欠点には見えなかったりします。

欠点ととらえるのではなく、個性と思うようにすれば

いいということです。

もし、ひどいことを言われた経験があったとして

それで、悩むこともあるでしょう。

自分のこの欠点さえなければと思うかもしれません。

気にするなとは言いませんが、ひどいことを言う人は

どこにでもいるので、かわいそうな人だなーって

思ってあげましょう。

欠点がなぜ欠かせない点なのか

-shared-img-thumb-JK92_hohohiji20150222103753_TP_V

さて、欠点がなぜ欠かせない点なのかですが

欠点があるからそれを克服しようと

努力ができるんです。

例えば、太っていることが欠点だとしたら

痩せようと努力ができます。

達成した時の喜びや、我慢するとか努力するとかが

できるのも、太っていた欠点があったからで

あなたが成長できたのです。

努力して成長したという経験があると

他のことでもいい結果が出るので

欠点のおかげなんです。

無理やりのこじつけのようですが

ようは考え方ですね。

太っているとただ悩んでいるだけで

毎日、食っちゃ寝、食っちゃ寝を

繰り返していたって、太る一方で

仕事や勉強でも成長しませんよ。

太っていることから、努力して成長

できるから、その他のことでも

成長できるんですね。

欠点とは、自分が決めているだけで

自分が欠点と思わなければいいだけのことです。

そんなこと言ったって、そんな簡単にいかないよ。

と言われそうですが、少しづつ脳の中を

変えていけばいいんです。

今まで、自分の欠点と思っていたのは

常識的に考えてとか、テレビでやっていて

気づいたとか、誰かに言われたとかですね。

もう、そんなものは気にしないという考えを

脳にインプットしましょう。

自分の脳を自分で洗脳しましょう。

例えば、太っているから告白できないと

思っているのは、欠点のせいにしているんですね。

ではなく、告白するために痩せようという

考え方に脳を変えるんです。

そして、痩せて告白してうまくいったら

痩せたら告白すると自分が

決めたから実行できたわけで

もともと痩せていたら、告白していなかったかも

しれないですよね。

なので、太っているという欠点があったからこその

成功なんです。

この次も自分の欠点を克服しながら

何かうまくいくことが次々と

あるかもしれませんよ。

自分で思っている欠点を

どうやって克服するのかを調べて

努力して成長することで

より良い人生になるのであれば

欠点があったおかげなのです。

ちょっと無理やりのポジティブのようですが

欠点があると悩んでいるだけでは

何も解決しないし、いいことはありませんので

無理やりのポジティブでもいいじゃないですか。

そして、この無理やりのポジティブを

繰り返しているといいことがどんどん

起こってきます。

人生が楽しくなってきますよ。

ようは、自分の脳をポジティブに

変えていきましょうというお話です。

まとめると、欠点はあってもいいんだ。

どう克服するかが大事だということでした。

ポジティブでいきましょう。ポジティブで!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする