マーケティングでよく出てくる「ニーズとウォンツ」について

シェアする

「ニーズとウォンツ」ってどういう意味?

マーケティングの本なんかを読んでいると、

よくニーズとウォンツってでてきますよね。

なんとなく、わかっていたようなわからないよな

感じだったので、少し調べてみたら

実際のところは曖昧に使われていて

解釈は人によって違っているようです。

有名人が言うとそれが正しくなって

一般人が言っても説得力がなくなるってことですね。

名言がそうですよね。

有名人や成功者がただ喋っただけで、名言になるけど

一般人が喋っても名言にはなりませんね。

名言とは言葉ではなく誰が言ったかが大事である。

これは名言ではないですよ。

ニーズとウォンツは曖昧である

ニーズとウォンツの捉え方が色々あるようですが

マーケティングの話をするときには欠かせないようです。

曖昧であるとは解釈が色々とあるようで

ニーズを顕在欲求、ウォンツを潜在欲求と言う人がいます。

また、逆にニーズを潜在欲求、ウォンツを顕在欲求という人もいます。

例えば、ニーズが「お腹空いたなーなんか食べたいなー」

ウォンツが「通りがかりの牛丼でも食べよう」って感じですかね。

さらには、マズローの段階欲求説を利用して

ニーズを低レベルの欲求、ウォンツを高レベルの欲求と言ってる人もいます。

例えば、ニーズが通りがかりの牛丼でもいいのに対して

ウォンツがネットで探してでも美味しくて人気のあるレストランに行くという感じですかね。

さらには、ニーズを物質的欲求、ウォンツを精神的欲求という人もいます。

例えば、ニーズが牛丼でお腹が満たされればいいという考え

ウォンツが牛丼でも高級な和牛で素晴らしい接客で素敵な佇まいのお店で食べたいという感じですかね。

その他にも探せば捉え方はたくさんあるようですが、この辺にしておきましょう。

多分どれが正解とはないんでしょうね。

誰が言っていることを信じるかの問題ですね。

または、自分で勉強してどう解釈するかですね。

ものを売るときには、ニーズをウォンツの考え方は何れにしても

重要になってくるでしょう。

お客様が何を求めていて、自分は何が提供できるのかを

常に考えている必要があります。

お客さんに喜んでもらえる価値をいかに提供できるかで

売り上げも変わってきます。

お客さんは価値に対価を払ってくれるので

価値が高ければ、高い金額を払ってくれます。

僕の解釈では、ニーズとウォンツは

お客さんの本当に求めているものを

いかに提供できるかですね。

多少の値段が高くても、お客さんの予想を超えるぐらいの

価値を提供できるかでビジネスは決まるんではないでしょうか。

だから、その価値についてもっともっと勉強する必要があると思います。

まだまだ勉強の日々です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク