PDCAとは一体どんなことなのか?

シェアする

 

PDCAってなんですの?

PDCAって聞いたことあるけど、よくわかんないという人は

ちょっと聞いてください。

ビジネスにおいても、PDCAが大事だと言われています。

すでに知っていて使っている方は、おさらいのつもりで

読んでください。

PDCAは「Plan・Do・Check・Action」の頭文字をとったものです。

 

Plan:計画を立てる
Do:実行する
Check:評価する
Action:改善する

これらを順番にやっていきます。

そして、Aに来たらまたPに戻って繰り返していきます。

これをずっとやっていくんです。

業績が上ってももっと上げようと繰り返していきます。

なので、PDCAサイクルとも言われています。

そんなの知ってるよっていう人も多いでしょうが

実際に本当にやっている人は少ないのが現状です。

やってるつもりになっているんですね。

僕がそうでしたから。

PLAN

計画が大事なのはわかっているけど

イマイチ曖昧になっていたり、テキトーになっていたりしませんか?

どうなりたいのか、どうしたいのかをはっきりと決めることが大事です。

明確なゴールをイメージして、そのゴールに向かって

仕事をすると仕事もはかどることでしょう。

DO

そして、実行していきます。

ただ実行していてもうまくはいきません。

目標を細分化して、計画を進めていく必要があります。

何のためにそれをやるのか?

なぜこの作業をやるのか?を

しっかりと考えながら実行していかないと意味がなくなります。

そして、実行には仕組み作りをするというのもあります。

仕組みを作ってうまく回していくにはどうすればいいのか。

また、doの中にもpdcaがあります。

これは、実行していて問題が出た時です。

doの中のpdca

  • 問題発見
  • 可視化
  • 問題解決
  • 確認

これを繰り返していき問題を解決していきます。

cheke

評価、検証

doで実行したことを、評価と検証をします。

ここで、検証するのと感想を述べることの違いを

認識していないと、間違った方向に進みます。

検証とは数字を出して明確にすることが大事になってきます。

検証するのもタイミングをいつも決めて

実行していきます。

タイミングとは検証を毎日やるのか、毎週やるのかを

細かく決めることです。

検証していくと、必ず何かしらのミスがあることに

気づくことがあります。

ミスとは

  • 意思や使命感
  • 機会、ツールの故障
  • 管理
  • 情報伝達
  • 人間の判断

このようなものにミスがないかをチェックします。

action

改善する

ここまできたら、改善するものがないかを見つけていき

またサイクルを回したいきます。

改善に向き合うのに大事な思考があります。

  • ステップ思考  一歩ずつ確実に進んで行くという考え方
  • プラス思考   どうすれば出来るのか?やれる事を探す。
  • センター思考  他人事ではなく自分事と意識する。当事者意識

この思考を持って、改善していきます。

改善が答えではない

改善ができたからといって、それが答えではありません。

答えはまたpに戻ってまたサイクルを回す事です。

これをずっと続けていって、どんどん業績を上げていきます。

終わりはないのです。

そして、なぜpdcaを回すのかを考える事も大事になってきます。

ビジネスはいつまでたっても、上を目指して頑張っていく事が楽しいのですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク