イギリスとイングランドはどう違うのか?イギリスの語源は?

シェアする

サッカーのW杯でもイギリス代表ではなく、イングランド代表として出場していますね。

イギリスとイングランドはどのように違うのでしょうか?

また、イギリスとはどのような国なのでしょうか?

その辺を調べてみました。さらに、イギリスと呼ぶのは日本だけなのですが

それはなぜなのでしょうか?その辺もスッキリと調べてみます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

イギリスとは

イギリスとは正式名称は

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

なんか長いですね。

日本語に訳すとグレートブリテン及び北アイルランド連合王国

長い国名ですね。

この連合王国とは

イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド

の4つの国が合併しているようなものです。

世界では、UK(United Kingdom 連合王国)で通用する呼び方ですね。

イギリスの国旗といえばユニオンフラッグですね。

flag-160483_960_720

もともとはそれぞれの国に国旗がありました。

Flags_of_the_Union_Jack_jp

イギリスと呼ぶのは日本だけ

イギリスと呼ぶのはの日本だけのようですが、なぜイギリスとようぶようになったのかを

ひもといてみます。

江戸時代の初めの頃に日本に来ていた、ポルトガル人がイギリスの事を

ポルトガル語で、Inglez(イングレス)と言うんだと、教えたんだが

エゲレスと聞き取って、しばらくはエゲレスと呼んでいたようです。

漢字では「英吉利」と書いたそうです。ここから英国となったのですね。

エゲレスと呼んでいたのは明治の頃まで続いていたようで、その後日本に来たイギリス人が

エゲレスじゃねーよ!イングリッシュだよ!って教えたんだが

あーそうか!エゲレスじゃないんだね!

イギリスっていうんだね!ってなったようで、イギリス人もまーいーかってなって

イギリスと呼ぶようになったそうです。

ワールドカップはなぜイングランド代表なのか?

FIFA_World_Cup_2010_Argentina_Mexico

ワールドカップではいつもイギリス代表ではなく、イングランド代表で出ますよね。

それはなぜなのでしょうか。

イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド

国としては、4つで英国ですがサッカーではそれぞれにFIFAのサッカー協会に加盟しています。そして、それぞれのサッカー協会が一緒に出るのは嫌ですと、イギリス代表になるのを

拒んでいます。宗教上の考え方や、昔からの仲の悪さが続いてるようですね。

なので、英国としては一つのチームしかワールドカップには出られないので、1番強い

イングランドが勝つというわけです。

サッカー発祥の国ということもあって、強いですね。ワールドカップでも1回優勝しています。

ロンドンオリンピックでは、自国開催ということもあってみんなでやろうという話もあったが

イングランドとウェールズだけで、スコットランドと北アイルランドは加盟しませんでした。

イングランドとウェールズだけでもイギリス代表として、サッカーをやりました。

結果は準々決勝で韓国に負けています。ちなみに日本も三位決定戦で韓国に負けています。

まとめ

世界では、宗教の違いや長年の争いが続いていたりすると、スポーツでも難しいことが出てくるんですね。

英国として4つの国でやるよりは、それぞれに独立した方がいいと思うんですがそんなに簡単には、いかないんでしょうね。

世界から見たら、日本は幸せな国だと改めて思いますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする